ALOHA COFFEE LAB 桑原 篤則 千枝

 

「50歳になったらハワイに移住するって決めてたんです!」

その夢を約2年間で叶えた 桑原篤則さんと千枝さんご夫妻。


元々日本では全く別のお仕事をされていたお二人

なぜハワイでコーヒーのスペシャリストを育てるALOHA COFFEE LABを開業したのか、

ハワイ移住を叶えた方法と気になるVISAのこと

実際にハワイで生活してみて困ったこと、理想と現実のギャップ

お二人のハワイでの休日の過ごし方お気に入りのお店

そして ハワイ移住を目指す方へのアドバイス まで、美味しいコーヒーをいただきながら教えていただきました。

 

 

 

 「ハワイに移住したい!」動き出してから早2年での実現! 

 

「50歳でハワイ移住!」その夢を有限実行されたと聞けば、

どのくらいの年月をかけてその夢を叶えられたのか、気になるところです。

 

しかし、それには意外な答えが。

 

篤則さん「日本では、長年多忙な業界にいたこともあり 長期の休みもなくて、若い頃は全然ハワイに来れてなかったんですよ。

仕事が落ち着いた2012年頃から、ハワイにコンドミニアムを購入してバケーションで来てました。」

実際にハワイ移住されたのは、2014年。約2年で実現されました。

 

 

 アメリカのVISA(ビザ)の壁 

 

篤則さん「最初は、高い不動産物件を購入したらVISAが取れると思っていたんです。」

 

移住の願う者にとって最難関とも言えるのがVISAの壁

弁護士に相談したら取れないことが分かり、桑原さんご夫妻は弁護士さんにも相談しながらVISAを取るべく様々な道を模索。

 

結果、ALOHA COFFEE LAB(アロハ・コーヒー・ラボ)を設立し、投資家ビザを取得されました。

ハワイに移住したいと願う方が数多くいる中(私もその一人ですが)、2年での実現というスピード感

その夢の実現の裏には相当な努力があったのだと思います。

 

では、実際にどのようにしてその夢を叶えられたのでしょうか。

現在までの道のりを教えていただきました。

 

アロハコーヒーラボ

 

 なぜハワイでコーヒーのスペシャリストを育てることになったのか 

 

Kioskのカフェ(コーヒースタンド)

 スクール(一般向け/プロ向け:コーヒーの淹れ方/カッピング/バリスタ養成)

カフェ開業のコンサルティング

この3つの柱で成り立っているALOHA COFFEE LAB(アロハ・コーヒー・ラボ:以下ACL)。

 

 

元々、ハワイにはバケーションで来ていた桑原さんご夫妻。

バケーションで来ていた際に、

ハワイには美味しいコーヒー豆があるのに、美味しいコーヒーを飲めるカフェが少ない

そう思っていたんです。

 

日本でコーヒーの勉強をされていた篤則さん。

実際にハワイのカフェでバリスタの淹れ方を見ていると

「豆の美味しさをしっかり引き出せてなくてもったいない」と思うような場面に何度も遭遇されたのだとか。

 

篤則さん「それでSCAJ(日本スペシャルティコーヒー協会)のカリキュラムを元に、コーヒーの淹れ方を教えるスクールをやってみようと思ったんです。」

 

2014年12月にスクールとカフェを開業。

 

徐々に提供するコーヒーが美味しいと噂が広まり、ワイキキのカフェからもバリスタ養成の依頼が増えるように。

コーヒーの基礎的な知識から、道具の扱い方など、プロ向けの講習も人気だそうです。

見事、ご夫妻の先見性のあるビジネスモデルがハワイのカフェ業界での需要にマッチしたのです。

 

コーヒースクール バリスタ ハワイ

 

 

 

 美味しいコーヒーを飲めるカフェを増やすために… 

千枝さん「ACLのカフェのマネージャーは、実は他店でバリスタとして働くのを目的として、うちのスクールに通っていたんです。

バリスタとして働こうと思ったらある程度の知識と技術を採用試験で求められるらしいんです。

でもその試験をパスしてしまえば、先輩から細やかなレクチャーがないまま バリスタとしてカフェに立っている方が多いことも事実。

マネージャーはうちのスクールに通っているうちに、その採用試験を受けるのをやめてうちのカフェで働くことになったんです。」

 

お二人が元々「ハワイで美味しいコーヒーを飲めるカフェが少ない」と思っていた大きな要因の一つに、しっかりバリスタを養成しているカフェが少ないという背景があるそうです。

 

また現在 主軸となっている「コンサルティング」では、マシンの選定から店舗で使用する豆のホールセール、アルバイトの採用・トレーニングまでサポートされています。

実際に日本から移住してカフェやスクールを開業されているお二人だからこそ、あらゆる相談に乗っていただけます。

 

また「ハワイ移住」の相談も、案件として受けておられるそうです。

こちらに関しては、文末 プロフィール内のリンクよりお問い合わせください。

 

篤則さん「契約しているハワイ島のコーヒー農園とのご縁も大切にしています。」

契約しているハワイ島のコーヒー農園には、もちろんお二人で足を運び、農園の若きオーナーと共に豆の出来や奥深いコーヒーの世界について語らう時間も大切にしているそうです。

 

アロハコーヒーラボ  Tokunori Kuwabara

 

 

 

 現実と理想のギャップ 

 

お二人の和やかで暖かい雰囲気、そして華麗なるハワイ移住・ビジネス展開に、一見 順風満帆ですが、

移住当初は様々なギャップがあったのだとか。

 

 ハワイの硬水

千枝さん「まず最初ハワイが硬水だってことに気がつかなかったんです。

日本と同じようにコーヒーを淹れても美味しくない、肌や髪の毛も乾燥する、なんで?と思っていたら水が原因でした。」

ACL アロハコーヒー ハワイ

現在ACLではEVERPUREという硬水を軟水に変化させる業務用の浄軟水器を使用されています。

美味しいコーヒーを淹れるためには、TDSという水の値が非常に大切。

そのこだわりが美味しいコーヒーに繋がっているのですね。

 

 ハワイの物価

 

旅行中にも痛感するハワイの物価の高さ。

生活のみならず、ビジネスにも響いてきます。

これに関しては、インタビュー最後の「ハワイに移住する方へのアドバイス」で伺いました。

 

 

 

 お二人のハワイでの休日の過ごし方 

 

意外にも、ゴルフをされないというお二人。

 

千枝さん「休日はKailua Beach(カイルア・ビーチ)の端の方の、人気(ひとけ)が少ないところでゆっくり過ごすのが好き。

日本人もほとんどいない場所で、ゆったりできます。」

 

千枝さん「お酒と美味しい料理を食べることが夫婦共通の趣味なので、ハッピーアワーをやっているお店を調べて行くのが好き。」

 

(まだまだ駆け出しのALOHA JOURNALを運営する私たち夫婦。

格安でのハワイ家族旅行にこだわっている私たちにとって、あまりにも雲の上の存在である桑原さんご夫妻。

「ハッピーアワー」というキーワードに、桑原さんご夫妻を身近に感じることができた瞬間でした!!笑 )

 

 

 

 お気に入りのお店 

 

私でも手の届く、コスパが良くて観光客があまり来ない、本当に美味しいお気に入りのお店を教えていただきました。

最近よく行くのは、Little Sheep Hot Pot(リトル・シープ・ホット・ポット)という火鍋屋さん

ローカルの方ばかりで、 食べ放題もリーズナブル!

野菜もたっぷり食べられるからお子様連れにもおすすめ!

 

 

先ほどのお話にも出た、「ハッピーアワー」の情報も教えていただきました。

Kapiolani(カピオラニ)の Doraku Sushi(道楽寿司)Kaka'ako(カカアコ店)は、

毎日16:00-18:00がハッピーアワーでよく行っています。

 

 

ヘビーリピートしているのは…

Yakiniku Futago(焼肉ふたご)

ヘビーリピーターになるともらえるゴールドカードの特典が面白くて、名前を彫刻したゴールドトングがもらえたりと様々な特典が!

ゴールドトングはお店に保管してもらえます。

 

 

モーニングなら…

Kaimuki(カイムキ)にある Cafe DeLight(カフェ・デライト)というペルー料理のカフェはおすすめ。

火曜〜金曜の朝7:00〜お昼すぎまでの営業だから、限られた旅行の中で行くのは難しいかもしれないけど是非行って欲しい!

ACLもコーヒーでお手伝いしていてコーヒーが美味しいというのはもちろんのこと、ここの朝食メニューがどれも美味しい!

日本人オーナーのKahoさんが大のお料理好きで、もう原価無視で本当に美味しいものを食べて欲しいという想いでやってる。

クロワッサンサンドが特に美味しくて、裏メニューのおにぎりとかもう何を食べても美味しい!

10ドルくらいあれば お腹いっぱいになるリーズナブルさも嬉しいポイント。

 

 

 

 ハワイに移住を目指す方へ お二人からのアドバイス 

 

前述の通りハワイでは物価が高く、これはビジネスを展開していく上でも、非常に難しい土壌だそうです。

篤則さん「理想なのは、日本でもしっかりとした収益を出せるビジネスをつくっておくこと

ハワイだけで生活と仕事を全て完結させるのは、なかなか難しい。」

 

桑原さんご自身、日本でも不動産収益があるそうです。

日本での収益があるのとないのとでは、ハワイでのビジネスを展開するにも生活をするにも、気持ちの余裕に差が出るのだとか。

身に染みるアドバイスです。

 

千枝さん「ビザ(VISA)の取得も本当に十人十色

同じ方法でも取れない人もいるし、実際に移住して話を聞くとそんな方法もあるの?っていう事例も聞いたり。

資金があっても取れない人もいる。こればかりは、一概には何とも言えないところ。

よく言う『ハワイから呼ばれる』なんていうご縁や運もあるのかもしれませんね。」

 

並々ならぬ努力を 最後は「運やご縁」と謙遜されるところにまた、お二人のお人柄を感じました。

 

 

 

 おわりに 

 

ご夫妻との出逢いは、H.I.S.大阪駅前ハワイ支店でのワークショップ。

HIS ハワイ支店 アロハコーヒー ワークショップ

ALOHA JOURNAL Launch Partyで美味しいコーヒーを提供できるようになりたい!」と

ACLのワークショップ【ドリップコーヒーの淹れ方クラス】に参加させていただいた際のご縁で、

この度インタビューさせていただけることになりました。

このワークショップに参加してから、自分で淹れるコーヒーの美味しさが劇的に変化し、夫も拍手。

 

今回のインタビューをさせていただいた際も、ACLこだわりのコーヒーを贅沢にも目の前で淹れてくださり、飲むたびにその味に感動。

ACLのコーヒーはオンラインストアで日本からも購入可能。

ハワイ滞在の際は、ホテルまで届けてくださるそうですよ。

 

アロハコーヒーラボ

 

インタビューは、家族でACLのラボにお邪魔したのですが、お二人のこだわりが詰まっていてとにかくおしゃれ、なのに落ち着く空間

息子もお二人の優しいお人柄に甘えて、遊ばせていただきました。

美味しいコーヒーに癒されながら、人生相談にも乗っていただいたりとすっかり長居してしまいました。

篤則さん、千枝さん、ありがとうございました。

 

 

 


 

ALOHA COFFEE LAB 桑原 篤則 千枝

 

 桑原 篤則・桑原 千枝 

 

2014年 ハワイに移住し、ALOHA COFFEE LAB(アロハ・コーヒー・ラボ)設立

 

ホームページ  Instagram

ハワイ移住のご相談は acltokyo56@gmail.com まで

 


 

 

コメント
コメントする

Copyright ©2017 ALOHA JOURNAL All Rights Reserved